脱毛激安

MENU

脱毛と脱色との違いについて

腕の毛やすね毛が目立つ場合には脱毛することが多いのですが、脱毛意外にも脱色をするという方法もあります。
脱色をして毛の色を茶色にすることによって目立たなくするという方法なのです。
同じ太さ、同じ長さであっても脱色しますと毛が生えていないように見えます。
毛の色を抜くことのメリットはお肌に対するダメージを極力少なくできる点にあります。
これはけを抜いたり剃ったりしない方法だからです。
また毛を剃ったときにちくちくとした感覚も避けることができます。
しかしデメリットもあります。
あくまでもこれは脱毛ではありませんので、触ったときには毛の感触がありますのでざらざらしてしまいます。
そして光に当たりますと毛が浮いて見えるというデメリットもあります。
ですのでどうしても抜くことに抵抗のある方が利用している方法です。
毛の色を抜く場合には必ず無駄毛用のものを使ってください。
髪の毛に使うものを使ってはいけません。というのも量が全く違うからです。
髪の毛のものをつかますと沢山余ってしまいます。
また思うように色が落ちなくなってしまう可能性もありますので専用のものを必ず見つけてください。
専用の薬剤は大体は使い切りになっていますので余った場合は捨ててください。